読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my bright tomorrow.

明日に向かってゴーゴゴー。

極私的・年賀状を印刷するための備忘録。

毎年試行錯誤している気がしてならないので、こうしてブログに書いておくことにする。


JPEGの書き出しサイズは2328x1572、画質は最高画質、ただしPhotoshop書き出しじゃないと認識しない(Illustrator書き出しだと認識しなかった)。

用紙の自動認識はオフ、きれいじゃなくて高画質、プレミアムインクジェット用紙を選択。フォト用紙を選んでも印刷スピードが遅いし、そこまで印刷結果に影響は出ない。
用紙サイズはもちろんハガキを選択。印刷面は下にしてセットする事。



・・・と、完全に未来のワタシしか分からない事を書いて終わるのもナニなので、ワタシの年賀状印刷プロセスを簡単に説明すると:

【ステップ1】
まずIllustratorでデザインを作成します。
【ステップ2】
出来上がったら印刷ですが、プリンタとPC/Macを繋いで長時間やるのはめんどくさいので、USBメモリJPEG形式で書き出し、それを繋いでプリンタ単体で印刷します。我が家のプリンタはちょっと古いHP Photosmart 8230ですが、イマドキのプリンタはどれもUSBとかメモリカードリーダーは付いてますよね?
ただし、このHP Photosmart 8230ですが、先ほどIllustrator書き出しのJPEGを喰わせたところ認識しやがらなかったので、Photoshop書き出しであることを未来のワタシに忠告した次第。


・・・とまぁ、こんな感じ。
ちなみに、このPhotosmart 8230ですが、印刷品質が2通り選べるんですが「高画質」と「きれい」という何とも微妙な選択肢しかなく、マニュアル見るのもめんどくさいので何となく高画質運用中です。