読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my bright tomorrow.

明日に向かってゴーゴゴー。

iPhoneから簡単に印刷が出来るって素晴らしい。EP-804Aの場合。

相変わらず、EP-804Aを借りっぱなしなのです。

家内も置く場所の検討に入るなど、すっかり「ある事が当たり前」になってきてしまい、返却した後が心配な今日この頃。


そもそも、これまでの我が家でのプリンタの位置づけは年賀状印刷マシーンのウェイトが大きく、それ以外の時は基本的に箱にしまわれているという扱いだったのですが、EP-804Aのような複合機だとコピーもできるので常設してもいいかな?と思っております。

そして、どうせ常設ならば、ちょっとした印刷にも気軽に対応できるのがEP-804A。
その理由は無線LAN対応」スマートフォン対応」だから。

最近の我が家は、ワタシも家内もiPadを使う事が多くて、ワタシがiPad 2を、家内は初代iPadを使って気軽にウェブで調べものをしてたりします。
また、ワタシの使っているiPhone 4は、4S程ではないにせよスゴく綺麗な写真が撮れるということをご存知の方も多いと思います。なので、外出時のスナップも何かとiPhoneで撮る事も多い。
つまり、iPhone/iPadから印刷したいニーズは潜在的に高まっていたわけです。



さて、EP-804Aは2通りの方法でiOSに対応しています。iOS標準の印刷機能であるAirPrintと、EPSON謹製ユーティリティ、Epson iPrintです。
結論を先に書くと、個人的にはiPrintに軍配を上げたい感じ。



まず、AirPrint。
OS標準機能だけあって、対応アプリからこのように直接プリントを選ぶことが出来ます。

たとえばSafariだとこんな感じ。



さくっと同一ネットワーク内のEP-804Aを認識してくれます。
細かい設定も無く(というか細かい設定が出来ない)、プリントを押すと印刷開始。


試しにアップルのホームページを印刷した結果がこちら。

うお、2枚に割れた!しかもなぜ最後のフッタ部分だけ2枚目に・・・1枚目にまだ余白があるにも関わらず・・・

と、まぁ、このように融通が利かないのがAirPrint。



一方、Epson iPrintは専用Appなので、いろんなアプリから直接印刷というわけにはいきません。
iPrintアプリを立ち上げると様々な種類のものを印刷できるようメニューが表示されます。



今回は先ほどと同様、アップルのホームページを印刷。アプリ内ブラウザで印刷したいページを開きます。



iPrintは細かな設定が可能です。
用紙選択、印字品質、フチあり/無しといった、ある意味当たり前の事が選べます。



しかも!印刷プレビューが可能!これで1枚に収まっている事が確認できます。素敵。



ほらバッチリ、今度は1枚に収まりました。基本的に表示されたそのままのレイアウトで表示されるので安心です。


が。
AirPrintの方が良いところもあります。



AirPrintはテキストを文字として印刷してくれるので、テキスト部が綺麗です。



しかし、Epson iPrintはどうやら全体を画像に変換するらしく?テキスト部が文字としてでは無く画像として印刷されています。
結果として文字の輪郭が甘くシャープじゃありません。


というわけで、文書の印刷はAirPrintで、写真やWebページなんかはEpson iPrintで印刷するのがオススメではないかと。
何にせよ、iPhone/iPadからこんなに手軽に印刷できると、ますますPC離れが進んでしまいそうな昨今です。





Fans:Fans