読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my bright tomorrow.

明日に向かってゴーゴゴー。

ぼくのかんがえたさいきょうのiTV。

早速明けました今年、2012年。
ジョブズ亡きアップルがいよいよ、家電の本丸に乗り込んでくると専らの評判です。

ちまたではMacintosh TV iTVと言われたりしてますが、あまりに直球すぎるこのネーミングのままでは全世界的に商標被りまくりなので、さすがに変えてくるとは思います。ジョブズもいない訳ですし。
ジョブズの遺言だったりすると厄介ですけど。


はい、ネーミング(仮称)からもお分かりの通り、ついにアップルがTVを出すであろうと言われている訳です。アップルのTVと言えば、その名もApple TVがありますが、Apple TVは手のひら大の小さなセットトップボックスだったのに対して、噂のiTVはまさしく「テレビ」なんだそうです。
なぜ、今更TVを?Apple TVを進化させればいいじゃん!とワタシも思う訳ですが、その辺はおそらく、

「今のTVのリモコンやGUIはクソだ。そこも含めて最高のユーザー体験を提供したい」

ジョブズが考えたのだ、と言われたら納得してしまう自信があります。
だからきっと、そういうことなんでしょう。


さて、アップルが、ジョブズが考える「TV for the rest of us.」とはどういったものだったんでしょうか。
件の噂では、音声操作ができるようになっているとかいないとか。そう、iPhone 4Sの目玉機能の一つ、SiriiTVには搭載されていると、まことしやかに言われています。でも、今のTVの操作って;

  • TVをつける/消す
  • チャンネルを変える
  • 録画/視聴予約する

だいたいこのぐらいなんですけど、これをいちいち喋って操作するのも抵抗あります。きっともっとインテリジェントな事が出来るようになるんでしょうね。例えば;

  • ジョブズ関連番組を全部録画しておいて!
  • ここ一週間で僕が好きそうな番組をオススメしてよ。
  • 今、このドラマ何話目で、あと何回で最終回なの?
  • あ、最終回を見損ねた!なんとかならない?
  • 今日のニュースを要約して教えて。

コレぐらいは何とか会話ベースでやってくれそうですね。
これに加えて、iPhone 4SのSiriがやってくれる調べもの系や、お店の予約、出前の注文、メールの送信などもできたらテレビの前から動けなくなるのかも。


さらに、ワタシが考えるに、iTVはきっと外出先からでもiPhoneでリモートアクセスできるのではないかと。
おそらく「どこでも My TV」と名付けられるであろうこの機能を使えば、iPhone 4SのSiri経由でリモートで録画予約してくれるし、録画した番組をiPhoneで視聴も出来たりするんじゃないでしょうか。iTVにカメラが付いていれば、FaceTimeでテレビ電話にもなるのでしょう、
うん、ここまで考えると、確かにApple TVの拡張だけでは難しいのかも。


しかし、最大の問題はというと、TVは携帯と違って、買い替えサイクルが長いと思われる点。
すなわち、毎年iTVの新製品が出ても、ほいほいと買い替えられる人はいないと思うんですよね・・・。


※写真と本文は全く関係がありません。写真は訓練されたマカーならご存知のTAMです。