読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my bright tomorrow.

明日に向かってゴーゴゴー。

iPad 3はRetina Display、と簡単に言うけれど。


早速明けました今年、2012年。
ジョブズ亡きアップルがいよいよ、iPadの高解像度化を行うと専らの評判です。

早ければ今月中にもRetina Displayを搭載したiPad 3を発表するらしいのですが、Retinaと簡単に言いますけど、現行iPadの4倍解像度ですよ。
現行iPadXGA、すなわち1024 x 768ピクセルですから、iPad 3には2048 x 1536ピクセルの高解像度な9.7インチ液晶が搭載されることが期待されている訳です。


果たして2048 x 1536ピクセルとはどのぐらいの解像度なのか?ざっくり図示するとこんな感じです。

フルHDのビデオがすっぽり、いい具合に収まります。iPhone 4/4SのRetina Displayも960 x 640ですから、iPad 3(仮)の前には随分小さく感じられますなぁ。
ちなみにこの図には記載していませんが、現行27インチのiMacや外付けThunderbolt Displayが2560 x 1440ピクセルですから、横はいいとして縦がはみ出てしまいます。つまり、現行MacではiPad 3(仮)用コンテンツを等倍で作る事すらままならないということですね。


この事実から推測されることは次の2つ;

  • iPad 3(仮)で2048 x 1536ピクセル液晶は搭載されない。やるとしてせいぜい1440 x 1080(4:3)か?
  • MacRetina Display化が同時多発的に加速する。11インチMacBook Airだって2732 x 1536ピクセル液晶積んじゃうぜ!


うーん・・・MacRetina化はなかなか刺激的ですが、OSはともかくアプリ(Mac App)がついていくのが大変そうだなぁ。