読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my bright tomorrow.

明日に向かってゴーゴゴー。

気付いたら上り高速化が始まっていた我がUQ WiMAX。

11月頃に案内があって以来いつ始まるかと思っていた、UQ WiMAXの上り速度の高速化が実は昨年末から開始していました。12/28からだったとは。

上り高速化対応サービス開始日および対応機種のお知らせ|UQ WiMAX

64QAMという、よくわかんない変調方式を採用することによって、これまで最大10Mbpsだった上り速度が最大15.4Mbpsまで高速化したそうです。まぁ、いずれも「最大」がついてる規格上の理論値な訳ですが、それでも1.5倍になるわけですね。

ちなみに下りは従来同様40Mbpsです。
ソフトバンクモバイルイーモバイルが下り最大42Mbpsのサービスを展開している中、WiMAXって微妙に負けてるんじゃね?(但し理論値に限る)と思われがちですが、UQ曰く「向こう(42Mbps陣営)はエラー訂正無しの規格で、WiMAXはエラー訂正用の誤り訂正符号分を除いた速度表記だ。これを含めれば実は48Mbps換算なのだ!」という、分かったような分からないような言い訳ページが用意されています。

WiMAXの速度表記について|UQ WiMAX

まぁ、なんにせよ理論値で比較しても仕方ないので、実行速度が速かったらいいです。


でだ!

ワタシの持ってるAterm WM3500Rは無事上り高速化対応機種でした。しかも実はファームウェアのアップデート不要という。いや、逆にファームウェアのアップデートも期待してたんですが。

というわけで、ちょっと久々にSPEEDTESTしてみました。自宅室内でアンテナ2本という、それほど環境が良くない場所での測定となってしまいましたが、結果はこちら。

下りが5.41Mbps、上りが4.67Mbpsという感じ。まぁ、こんなもんかもしれませんねー。


機器追加オプション(200円)を使えば2台持ちも安価にできるのがWiMAXの特徴ですね。