読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my bright tomorrow.

明日に向かってゴーゴゴー。

レッツノート15周年イベントに行ってきました。

今年初めてのブロガーイベントなんですが、パナソニック レッツノート15周年記念 SNSユーザー限定スペシャルイベントにいってきました。

場所は品川某所なのですが、お昼のプレス発表も同じ会場で実施されたみたいです。
こんなに華やかな発表会場に足を踏み入れると、なんかとってもプレス気分・・・しがないブロガーですけど!


さて、このイベント、実はジャーナリストの津田大介さんと、Hacksシリーズの著書で有名な小山龍介さんの講演が聞けるという、いや、それ、新商品発表会と違うのでは?!と思ってしまう内容なのでした。

特に小山さんの講演「アイデアをカタチにするスキル」がワタシ的にすごく新鮮。
イデアをまとめる「想像活動」は苦しみながらやるのではなく、Twitterなどを活用して「外からやってくる」対話を楽しみながら次々に呟いていく「即興発想術」を身につけるべき!という内容でした。
即興の中に身を置くことで気づくのが「自分の引き出しのなさ」なのですが、その時に大事なのが、周りの意見を否定せず肯定し、受け止めた上でそれを発展させて繋いでいく姿勢。そして「頭だけではなく全身で外的刺激を受け止める」こと。
これらが今の、先の見えないこれからの時代を生き抜く大事なスキルとなるのではないか、と小山さんは言います。
「即興だと質が落ちるのでは?」という質問もありましたが、意識的に身体を慣らしていくことで、だんだんアイデアの完成度が上がってくるらしいですよ。


でだ!

より現場に近い場所で刺激を受けることで発想を得る、そんなノマドワークに最適なのが新Let's noteだ!・・・と、ここでイベント趣旨に繋がるわけですね。


ワタシ自身はこれまでLet's noteを追いかけてきたヒトでは無いので、新商品をパッと見ても「・・・あんまり変わってない??」と思ってしまうんですが、実は結構違ってるんです。
熱烈なファンも多いこれまでのLet's noteの特長を残しつつ、今のトレンドを踏まえユーザーの要望を貪欲に取り込んだ第4世代Let's note。いろいろアピールポイントはあるのですが、今日の発表会で特に印象に残ったのはこの2つ。

  • 堅牢性を維持しながら薄さを実現するために、天板のボンネットの高さを低くしている・・・けれども一部分のみを分厚く補強する事で対応!
  • SSDモデルの起動が超速い!コールドブートが目の前でわずか9秒しかかからなかったのはすごいインパクトある!



会場では堅牢性を示すためにLet's noteの上に乗るという某物置的パフォーマンスもありましたよ。もちろん全く大丈夫だったわけですが。



「ビジネスマンが楽しくビジネスできる」ことを考えて企画されたLet's note。その質実剛健ぷりはもう一つの雄、ThinkPadに負けず劣らないのですが、今回の薄型化や着せ替え天板オプションの登場等、個人ユースにもいい選択肢だと思います。
取り敢えず、あの超高速起動は羨ましすぎる!会社のPCがコイツだったなら。


Fans:Fans