読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my bright tomorrow.

明日に向かってゴーゴゴー。

Sony ReaderをMacで使う:機器認証してDRM付電子ブックを登録する手順。

ここ最近、Sony Readerのことしか書いてません。

それというのも、一番小さい5インチPocket Edition、PRS-350が9,980円という価格に改訂され、それを買っちゃったからに他ならないのですが、9,980円って安いんですよ奥さん。
一番安いKindleって$79なんですが、$79なのは「広告付き」モデルであって、広告無しモデルは$109なんですよ。もちろんKindleは6インチでWi-Fiも付いてますが(そのかわりPRS-350はタッチパネル操作対応)、絶対的な価格として9,980円って結構頑張ったお値段だと思うんですよね。ちなみに解像度はSonyAmazonも、5インチも6インチも600x800ピクセルなので表示域は一緒です。


さて。
今回はMacにPRS-350を繋いで製品登録をし、各電子書籍ストアとの機器認証を行うところをメモっときます。昨日ご報告した問題を除けば、Macでもあまり不都合無しに使えますよ!

まずは製品登録

あらかじめ「eBook Transfer for Reader」がインストールしてあれば、PRS-350を接続すると自動的に立ち上がってきます。

Windowsだと、ここで繋いだSony Readerのファームウェアが古い場合、ファームウェアアップデートのお知らせダイアログが出てくるのですが、Mac版だと何も現れませんでした。PRS-350はMac版アップデータが用意されてないからだと思いますが・・・最新モデルのPRS-T1, PRS-G1だとMac版アップデータも出てるので大丈夫だと思われます。


さて、右下の「製品登録」ボタンを押すと、ブラウザが開きます。

登録すると500ソニーポイントがもらえます。つまりReader Storeで電子書籍を買う時に500円分として使えるワケです。ゲットしときましょう!



その為にはMy Sony Club会員に登録する必要があります。なんということか、これまでワタシはMy Sony Club会員になっていなかったので、今回が初登録。全ては500ポイントをもらう為です。


My Sony Clubに登録し終わると、機器登録画面になりました。

機器を選んだ後、PRS-350の箱に入っていた「製品登録用番号」を入力します。これで製品登録は完了です。

しばらくすると500ソニーポイントが発行された旨のメールが届きます。しかしこの500ポイントは期間限定ポイントで、2/3に登録したワタシは5/末までの有効期限でした。忘れないうちに何かゲットしておきたい!

ソニー Reader Storeで機器認証

Sony Readerで読める電子書籍はいろんなストアで買えるのですが、そのためにはそれぞれのストアで機器認証を行う必要があります。
まずはソニー Reader Storeでの機器認証をやっちゃいます。

Reader Store - ソニーのeBookストア

My Sony ClubのIDとパスワードでログインし、マイページに向かいます。機器認証するには左側のメニューから「利用機器の登録/解除」を選んで下さい。


下の方の「機器認証を行う」ボタンを押すと、おもむろに何かファイルがダウンロードされますよ。


ダウンロードされたのは、eBook Transfer for Readerと同じアイコンで「regist_ebook_xx(14桁)xx.mbbs」というファイル。これをダブルクリックするとeBook Transfer for Readerが開き、機器認証処理が行われます。
何はともあれ、Macでも無事できてよかったよかった。

楽天 Rabooで機器認証

次に向かったのは楽天電子書籍ストア Rabooです。

Raboo:電子書籍のオンライン書店


RabooではSony Readerの機器認証を行うと楽天スーパーポイント1000ポイントがもらえるキャンペーンをやっています。事前に下記キャンペーンページからエントリーしておく必要があるので注意!

【楽天市場】Raboo|Rabooソニー「Reader」対応記念!ポイントプレゼントキャンペーン!


さて、キャンペーンにエントリーし終わったら、機器認証といきましょう。Raboo内ページの右上に出ている「ソニー「Reader」機器認証」ボタンを押して下さい。


出てきた画面で「機器認証を行う」ボタンを押すと、Reader Storeと同様に「regist_ebook_xx(14桁)xx.mbbs」がダウンロードされるので、それをダブルクリックすればOK。慣れてきましたね。


ちなみに、もらえる1000ポイントは「機器認証のタイミングより2ヶ月後の中旬※を目処に、その月末までの期間限定ポイントとして付与」とのことなので、2/3に機器認証したワタシは4月中旬に、4月末まで使える1000ポイントが付与されるということですね。もらえる/使えるのが微妙なタイミングですが、この1000ポイントはRabooに関わらず楽天全体で使える1000ポイントなので、いい具合に活用していきたい!

紀伊国屋書店 BookWebでの機器認証

最後に紀伊国屋書店 BookWebでも機器認証します。

紀伊国屋書店BookWeb 電子書籍 Kinoppy iPhone iPad Android Sony Reader タブレット対応

事前に会員登録しておく必要がありますが、ワタシの場合、iOS用ビューワソフトのKinoppyで既に登録していたのでスキップ。ログインしてマイページに向かいます。



マイページの一番下にある「Reader 利用機器の確認」のところに登録・解除のリンクがありますね。これをクリック。他のストアと比べてちょっとわかりづらい気が。



飛んでった先の「機器認証を行う」ボタンを押すと例によってregistファイルがダウンロードされるので、それをダブルクリック。registファイルがどんどん増えていくので、間違えないようにしましょう。これで機器認証完了です。


さて、ワタシはiOS版Kinoppyでジョブズ伝記本を買っていたので、それをSony Readerでも読みたいのです。
ではどうやって転送するのか?

まずはマイページのところの「注文履歴」を押しましょう。和書と洋書に分かれているのはなんでなのかわかりませんが、わかりにくいですね。一緒にしてくれればいいのに。



はい、買ったジョブズ本が確認できました。よかったです。
ここの「Readerにダウンロード」ボタンを押します。



すると、ちょっと時間が経った後に画面が変わり、改めて「電子版をReaderにダウンロード」という大きいボタンが表示されました。Powered by booklistaと書いてありますね。

これを押すと今度は「download_ebook_xx(14桁)xx.mbbs」という名前のファイルがダウンロードされました。これが電子書籍ファイル本体か?と思いきやサイズは1KB程度なので、どうやらこれは単なるリンクファイルみたいです。ダブルクリックするとeBook Transfer for Readerが開き、ダウンロードを開始しました。



この通り、無事「スティーブ・ジョブズ」伝記本 I巻・II巻が反映されました!

よくぞMac対応してくれました!

以上の通り、どれもMacでも無事機器認証から書籍ダウンロードまで出来るのがおわかりいただけたかと思います。
これまで、特にこういったDRM系ファイルを扱うタイプのサービス/周辺機器はMacの対応(というかWindows以外のプラットホームへの作り込みとセキュリティの担保)が難しかったんでしょうけども、その結果往々にして未対応・非対応の憂き目にあってきたMacユーザとしては、ここまで当たり前のように使えるようになってるのは感慨深いです。よくぞ対応してくれた!と感謝してもバチは当たるまい。


AppleiPod/iPhone/iPadへの脅威が、Macユーザへの門を開かせたんでしょうね。



※2/23追記:3/1からブックカバー付きお買い得セットが出るみたいです!→コチラ