読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my bright tomorrow.

明日に向かってゴーゴゴー。

BOSSゼロの頂点のJAPAN SL COLLECTIONでJR九州の58654を入手。

缶コーヒーのおまけには目がない、そんなワタシです。

今日はBOSS ゼロの頂点についていた「JAPAN SL COLLECTION」シリーズの9番、JR九州の58654を入手したので、フォトレビューをお送りします!



いつもの、350ml缶の上部におまけキャップが付いていますね。



半透明のキャップの中で鎮座ましましている53654。
中身が分かるのはいいですね。ダブらなくて。



ん?キャップに貼られたシールには「キャップは捨てないでください!」の文字。
ポイ捨て禁止!ぐらいの意味で捉えてましたが、実はこの注意書きにはもっと大きな意味が込められていたのだった・・・



キャップを開けると、中身はこんな感じ。
右端の車輪が気になります。



主役がその全貌を表しました。このカラーが何ともいいですね。



前面にも、そして側面にも58654が書かれてます。

58654(435号機)は、あそBOYとして17年間JR九州豊肥本線で保存運転が行われたテンダー機関車です。2009年よりJR九州SL人吉(熊本〜人吉)として復帰しています。本品は、あそBOY仕様です。

と同梱の説明書きに書かれておりました。こちらの写真のカラーリングが一番近そうですね。



さて、キャップにはこの通り、車輪を取り付けるような溝が。



で、車輪を付けたキャップをおもむろに缶に戻しまして・・・



じゃーん!
っていうか、これ、SLっていうか、トレーラー・・・?



がっちり、缶のフチを受け止める溝があるわけですよ!



中身が詰まったコーヒー缶をものともせず、牽引しまっせ。


ということで、意外と娘がこういうの好きなもので、「はたらくじどうしゃ」的なくくりで楽しんでました。SLは男のロマン




でも、やっぱり、どう見ても、トレーラー・・・。