読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my bright tomorrow.

明日に向かってゴーゴゴー。

「LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜」録画してなくても最新話はWebで見れる。Macでも。

OPテーマ曲がカッコいいLUPIN the Third 〜峰不二子という女〜。

4/4の深夜・・・4/5と言っても過言では無い25時台にいよいよ放送開始されたのですが、そんなのリアルタイムに見れる訳ないです。


そんなとき、まぁ、普通なら録画をするのですが、一方でインターネットに慣れてしまうとYouTubeとかで探してしまいがちですよね。わざわざ録画設定しなくていい、視聴もTVの前に縛られない。すごく気楽です。
ワタシは勝手に「ソーシャル録画」と呼んでいるんですが、どこかの誰かが録画してくれれば、それをみんなで見ればいい・・・あんまり違法的な発想ではなくて、純粋にその方が便利だからという話なんですけどね。

とは言え、誰かが録画したものをYouTubeにアップロードしてくれるのを期待する・・・それ自体はマゴウ事無き著作権侵害の所行なので、あまりいい気持ちはしません。
もやもやした気持ちのまま、でも番組はチェックしてみたいので探してみたり。


長い前フリでしたが、少なくともこの「LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜」についてはそんな気持ちにならずとも大丈夫なようです。

なぜなら、日テレオンデマンドで最新話を無料で配信してくれているから。第1話の配信期間は2012/04/05 02:30 〜 2013/04/12 02:29ですから、第2話が放送になる直前までは無料で見れるみたいですね。


で、ワタシも早速見てみました。
日テレオンデマンド会員登録の必要がありますが、なんと嬉しい事にMacでも普通に視聴できましたよ。この手のサービスでは軒並み非対応ののけ者扱いだったあの頃はなんだったのか。きっとiPhone様々なのでしょう。


この手の「最新話だけ無料」とか「1話目だけ無料」とかは以前からもあった手法ですが、とてもいいですよね。
こうやってユーザー登録の上で、Webで最新話を見るという習慣をユーザーに付けさせれば、他の番組の有料視聴への誘導に際しても心理的障壁は低くなるのではないかと思います。
例えば、ルパンにつられてきて、「お、家政婦のミタって話題だったけど見た事なかったなぁ」とか思いましたし。


テレビ離れが盛んに言われるようになった昨今、実際ワタシ自身もニュース以外ほとんど見なくなっちゃいましたが、そういうユーザーをこういうオンデマンドサービスに誘い込むというのは戦略として正しいと思います。