読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my bright tomorrow.

明日に向かってゴーゴゴー。

SoftBankのiPhone 4からauのiPhone 4Sに辿り着くまでの紆余曲折。

昨日ご報告しました通り、au iPhone 4Sの白ロムを入手したので本日EVO 3Dから回線を移してきました。

いわゆるEVO 3DからのSIM出しになるのですが、無事手数料もかからず、そして挿したSIMもちゃんと認識され、よかったよかった。


ということで、約2ヶ月前まではSoftBank iPhone 4を使っていたワタシが今、こうしてau iPhone 4Sに至るまでの経緯をここで軽くまとめておきましょう。

2012/02/07「iPhone 4からiPhone 4Sへの機種変を躊躇する。SBMかauか、も。

はい、2/7の時点でこんなエントリを書いてました。
SoftBank契約の2年縛りが満了したことに気付いたワタシ。折しも世はMNPキャッシュバック祭りの真っ只中、この機会に美味しくiPhone 4Sへ移行できないか計算したものの、どうしても追い金が発生するという結論に躊躇する、優柔不断なワタシでした。


それが急転直下するのは、わずか4日後。

2012/02/11「iPhone、やめました。

あれだけiPhoneで考えていたのに、MNPして移った機種はなんとAndroid、EVO 3D!我ながら思い切った決断だと思います。が、いろいろ調べているうちに下記の事柄が分かってきたので、エイヤっと踏み出してみたのでした。

  • EVO 3DはROM機(SIMを挿さずに本体に書き込まれるモデル)の為、他機種へ機種変する際はSIM/micro SIMに手数料無料で書き出してもらえる(いわゆるSIM出し:参考
  • au iPhone 4SSIMロックがかかっていない「SIMフリー機」なので、EVO 3DからSIM出ししたmicro SIMを挿せばそのまま使えるらしい(参考


で、使ってみると想像以上にAndroidもイケるもんだなぁ、と思うものの、どうしてもタッチセンサーの誤タッチに悩まされる為にケースを調達。

2012/02/25「EVO 3D用ケースを買いました(CASE-MATE HYBRID TOUGH)。

これが意外とよくて、ぐわしっと掴める、落としても大丈夫(と思えるので気楽)という点で気に入っております。センサーの誤タッチもしなくなり、本格的にEVO 3Dに移行出来るかな?という感触が。


そして2台持ち解消のため、遂にiPhone 4を手放すことに。

2012/03/20「遂にiPhoneを手放したワタシは半年後に返り咲くか?

EVO 3D購入時は、EVOは寝かせてiPhone 4白ロムをWiMAXルーター経由で常用すればいいかな?ぐらい思っていたものの、実際はEVO 3Dが十分にメインを張れそうと思わせてくれたので、むしろiPhone 4を持ち歩かなくてもよい状況に。

で、この時も結構葛藤があり悩んだのですが、いっそのこと未練を断つ為にiPhone 4を売却したわけです。
しかし、逆にこれが裏目(?)に出て、iPhoneへの想いはつのるばかりに。


そして、とある噂が。

2012/03/23「iPhone 5がWWDCでToday!ならワタシ大勝利。

6月にiPhone 5が・・・?
この噂の後にもFOXCONNの幹部が「6月だ」「いや10月だ」などと発言したりして、ワタシの心は大きく揺れ動いた訳です。


そしてそうこうしている間に、EVO 3DへMNPした際のキャッシュバックが入金!
お金が入ると人間気が大きくなるもので、またぞろソワソワしだして、白ロム購入に至ったという次第。


でだ!

実は今日のエントリで伝えたかったのは、ここから、ただ一言。

SoftBank iPhone 4からau iPhone 4Sに移行したら、15,000円とEVO 3D白ロムが付いてきた。

はい、iPhone 4から4Sにアップグレードしたのに、追い金がかかったどころか、14,000円手許金が増えて、なおかつEVO 3Dの白ロムも入手出来たのです。

  • EVO 3Dは端末一括ゼロ円
  • EVO 3DへのMNPの際のキャッシュバックが35,000円
  • 使っていたSoftBank iPhone 4の売却額が25,000円

ということで、ワタシの場合、SoftBank iPhone 4をそのまま使っているよりも、au iPhone 4Sに移行した方が得だったと言うお話です。
何が言いたいのかというと、現状に甘んじず、常に攻めろ、と。


・・・ん?