読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my bright tomorrow.

明日に向かってゴーゴゴー。

そんなワタシはBluetooth恐怖症。

最近また聴かなくなったんですが、iPhoneで音楽を聴く時はいつもBluetoothヘッドセットであるところのMW600を利用していたワタシです。

しかし、昔ある事件が起きてからは、Bluetooth使用時に落ち着かなくなってしまったんです。今日はその話。


そう、あれはiOSファイナルファンタジー2が出て暫くしてからのこと。
当時からBluetoothヘッドセットを使用していたワタシは、電車の中で空いていた座席に座った後、聴いていた音楽を止めてファイナルファンタジー2の続きをやろうとAppをタップしたワケです。

FINAL FANTASY II App

カテゴリ: ゲーム

価格: ¥800

んー、なんか音が小さいなぁ。ミュージックの音量とAppの音量は別なんだっけ?とボリュームを上げてみても、FFオープニングテーマはそれ程大きくなりません。
その刹那、はっと気づいて耳からイヤホンを外すと、車内に響きわたるメロディアスな調べ!
何この「iPhoneでもFF遊べるんだぜー」自慢!


ええ、何故かファイナルファンタジー2は(おそらく1も)起動時に音関係を初期化してくれるらしく、Bluetooth接続確立をもぶったぎってくれる仕様のようです。最近試しても変わっておらず、でもファイナルファンタジー3では大丈夫っぽいので、初期のプラットフォームの問題なのかもしれません。

しかしながら、ワタシをBluetooth恐怖症にしてしまうには充分すぎるその事件のせいで、今でもBluetooth使うときは定期的に音漏れが無いかを確認しないと落ち着かない体質になってしまったというわけです。おもむろに片耳からイヤホンを外し、そっとiPhoneを耳に近づけてみる。どきどきどき。


これを回避するにはやっぱり有線イヤホンを使うしか無いのですが、一度ワイヤレスの快適さを味わってしまうと線が有ることがイヤになっちゃうんですよねぇ。