読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my bright tomorrow.

明日に向かってゴーゴゴー。

「赤毛のアンの故郷」プリンス・エドワード島のイベントに行ってきました。

日々の喧噪を忘れ、仕事を忘れ、心安らぐ空間へ誘って欲しい・・・

そんな気持ちから、「プリンス・エドワード島州政府観光局」のブロガーイベントに参加して参りました。
カナダ大使館に入ってきたんですよ!


ところで皆さん、プリンス・エドワード島って、知ってますか?
ツウはPrince Edward Island、略してPEIと表現したりしますが、PEIはカナダの有名な観光地なんですよ。
何で有名なのかというと、赤毛のアンの舞台となった「世界で一番美しい島」だからなのです。

赤毛のアンと言えば、今はホレ、朝の連ドラが「花子とアン」ということで、オープニングテーマで繰り広げられる「和服が似つかわしいような」風景は昨年の9月に実際にPEIで撮られたものらしいですよ。


恥ずかしながらワタシは赤毛のアンは読んだことはないのですが(全部で12冊あるのも今回知りました)、今回のお話を聞いていると女性に強く支持されている小説なんだなぁとよく理解できました。
ちなみに赤毛のアンはこれまで全世界で5000万部読まれてきたらしいのですが、そのうち日本の、しかも新潮文庫版だけで1400万部を締めているという事で 、日本での人気も特筆すべきものなんですね。


そんな「赤毛のアン」で有名なPEIですが、アンを魅了させたその豊かな自然は「どこを切り取っても絵になる」風光明媚さということで、夏も冬も見所がある素敵なところなのだそう。
今回、そのPEIの四季を写した写真集もいただいたのですが、どれも息をのむような綺麗さ。はっきり言ってこの写真集は目に毒です。見たら行きたくなってしまいます。


そんな豊かな自然に満たされたPEIなので、食べ物もおいしいんだそうで、今回おいしいものも食べさせていただいてしまいました。



アトランティックサーモンのソテーとズッキーニ サルサ風味



カナダ産フォアグラのソテー プリンスエドワード島のオーガニックベリーソース



ノヴァスコシア産ロブスターとオレンジのピンチョス



ノヴァスコシア産蟹サラダとアヴォカドのひとくちバンズ



アトランティックスモークサーモンとリンゴのサラダ ココット入り



カナダ産ビーフのグリルピンチョス PEI産キャノラオイルドレッシングで



カナダ産ムール貝のカナダ産白ワイン蒸し 香草風味



自家製カナダ産ブルーベリーアイスクリーム


いやいや、どれも美味しい!
ちょっと日々の喧騒を忘れ、心安らぐことができましたよ!



で、そんなPEIに行くには飛行機乗り継いでゆかないといけないのですが、現在、新潮文庫の「ワタシの一行アワード」というキャンペーンが行われてまして、赤毛のアンの中から心に響いた一行をコメントとともに応募することで、大賞受賞者にはPEIへの旅がプレゼントされるとのこと!

ワタシの一行アワード

せっかくなんで応募して大賞とって、PEIでロブスターたらふく食べてみるのはいかがでしょうか!



Fans:Fans