読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my bright tomorrow.

明日に向かってゴーゴゴー。

Google PlayミュージックがApple Musicより優れている、極めて重要なポイント。

Google Playミュージックには、Apple Musicではできない、最高の聴き方があるのを知ってしまった!
f:id:kws162:20150927112237p:plain
Apple Musicでサブスクリプション型の音楽聴き放題サービスの良さを知ってしまったワタシです。

しかし、Apple Musicの無料トライアルが10/1で切れてしまうので、他のサービスも検討してみることに。
そう、Google Playミュージックです。

music.google.com

で、両方を試してみて、Google Playミュージックにしか(少なくとも今のところは)無い素敵な聴き方があったので、気持ちがかなりGoogle Playミュージックに傾いているところなのです。

それが、「アーティストをシャッフル」再生。

f:id:kws162:20151108182129p:plain

そのアーティストの曲全体(もちろん自分で所有してるアルバムに限らず、Google Playミュージックに登録されている全体!)でシャッフル再生してくれるんです。
まさに純度100%!

アーティストのトップにある右上の再生ボタンを押してもシャッフル再生されますよ。
f:id:kws162:20151108182147p:plain

f:id:kws162:20151108182159p:plain

「○○のラジオ」だと他の似てるアーティストも混ざってきてしまうので(これはこれで新たな発見もあっていいのですが)、そのアーティストの曲だけを聴き続けたいという場合にはこれが最適ですねー。

残念ながら、Apple Musicではこの再生方法が無い(ように思われる)ので、この点においてGoogle Playミュージックの方が有用だ!と声高に叫んでしまうのであります。


ちなみにトップページでオススメしてくるその時に「ステーション」も割と良さげ。

f:id:kws162:20151108182216p:plain

その時に応じたものが表示されるのですが、某LINE MUSICのように「若者向けJ-POP中心の構成」一辺倒ではなく、ひとつのテーマでバリエーションが用意されているのです。


例えば、「ワンランク上の家事タイム」だと3つバリエーションがありまして、こんな感じ。

f:id:kws162:20151108182239p:plain
f:id:kws162:20151108182253p:plain

J-POP中心のものと、インストJAZZと、ボーカル入りもあるダンスビートの3つ。
いいですよね、気が利いてますよね。ワタシだったらインストJAZZ選んじゃいますね。


あともう一つ、「マイホームでリラックス」もご紹介。

f:id:kws162:20151108182315p:plain
f:id:kws162:20151108182326p:plain

いいバランスだと思いません?


で、細かい話ですが、Apple MusicもGoogle Playミュージックも月額980円なんですけど、Google Playミュージックは2015/10/18までに申し込めば月額780円で使い続けられるそうです。
200円のことですが、毎月払い続けると思うと結構バカにならないかもですね。

ということで、とりあえずワタシはGoogle Play Musicに身を寄せるハラですが、次はApple MusicのAndroid版が出たタイミングで再度検討してみたいと思います!