my bright tomorrow.

明日に向かってゴーゴゴー。

ONDA oBook 20 Plusの純正キーボードが届いてやっとノートPCっぽくなった。

ワタシがまともに買った初の(と言っても過言ではない)Windows PCであるところの中華タブ「ONDA oBook 20 Plus」に、ようやく純正キーボードを取り付けることができました!

どうですか、このノートPC感!
そんなにノートPCが欲しかったんなら最初からタブレット買わずにノートPC買えよ、というご意見もごもっともなんですが、タブレットとキーボード合わせて2万円そこそこだったのでそこはそれ。

ちなみにタブレット部が届いた時の記事はこちら。
mbt.hatenadiary.jp

たたむとこんな感じ。まんまノートPCですがな。

しかし、これは2-in-1タブレットの宿命かもしれませんが、それとも我が家の個体差によるものかもしれませんけど、開いて使う際にちょっとバランスが悪い。
具体的に言うとタブレット部が重くて、場合によってはパームレスト側が浮いてしまうこともあるんですよね。

よくよく見てみると、どうやらキーボード裏のゴム足の高さが低く、微妙におなかを擦っているようにも感じられる始末。


なんとかできないかなー、ヒンジ側をもう少し高くしてやればよさそうなんだけどなーと思っていたんですが、いいものを見つけました。
こちら。

BlueloungeのKicksという、iPad用のラバーパッドですね。
ちょうどトリニティの在庫処分品で安くなってました。
trinity.mn.shopserve.jp

これをこのように貼ってみましたよ。
ちょっとKicksが柔らかすぎてまっすぐ張るのが難しかったですが。

これで微妙にヒンジ側が持ち上がり、どこにおいてもパームレスト側が浮いてしまうようなことは無くなりました。