読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my bright tomorrow.

明日に向かってゴーゴゴー。

2万円弱で始める省スペース自炊環境のススメ。

自炊に積極的ではなかったワタシが、今、自炊にハマっている・・・。
何故か。

以前ScanSnap S1100をご紹介した際に書いていた、「ワタシが自炊にそれほど積極的ではない理由」は以下の通りでした。

  1. 本をバラすのに必要な断裁機を家に置く気が無い。
  2. 据置のスキャナを置いておく様なスペースも無い。
  3. 上記の機材を用意するのはどうも仰々しい。
  4. そこまでして取り込んだ本を読むかどうかは疑わしい。

このうち、2についてはScanSnap S1100が超省スペースで、使わない時はまるでサランラップクレラップ等でも可)の様に立ててしまえるので解決済みなのですが、1の断裁機がかなり凶悪です。
大抵の場合はA4ファイルサイズよりも大きい台に、こちらも大きな可動式の刃が取り付けられており、しかも安定した作業遂行のため大抵の場合重いのです。そう、常設場所を用意せねばならぬほどに。それって仰々しい!


ですが、ワタシは気づいてしまった!
ScanSnap S1100を手に入れた事で、自分の中に沸々とわき上がる自炊願望に気づいてしまったのです。

準備する。そして切る。


ということで、何とかお金をかけずに場所もとらずに自炊環境を構築しました。主な構成要素はこちら(iPadは除く)。

ScanSnap S1100まで含めても、総額2万円いきませんよ。いずれも常設場所が要らないポータブルなものばかり。これなら使ってすぐしまえます。

そしてこのセットのキモはロータリーカッターです。ワタシがロータリーカッターに目覚めたのは下記のビデオを見たから。これはすごい!


ロータリーカッターは上記ビデオでも使ってるLL型がオススメです。最初ワタシは「どうせ薄い雑誌しか切らないし」とL型を買ったんですが、一度に全ページを切れない事も多くやや不満に。そしてすぐLL型を買い足したのでした。

スキャンする。


そうやってバラバラにカットした雑誌はScanSnap S1100で取り込みます。
S1100は手差しタイプの片面スキャナなので、S1300、S1500といった上位機種の様に「セットしたらどんどん両面同時取り込み」とかは出来ませんが、ワタシなどは週1回取り込むかどうかの[自炊頻度:低]の人なのでS1100でも許容できます。

具体的には250ページのCSSスタイルブックを50分程で取り込める程度。Mac Fan等の雑誌系は興味のある記事しか取り込まないので、もっと気軽で短時間です。


ScanSnap S1100でスキャンしている動画を参考まで(ワタシじゃないですが)。

iPadで読む。


こうして着々と紙媒体の雑誌がPDF化されていくわけです。しかし、ここで冒頭書いた懸念が頭をよぎる!

4. そこまでして取り込んだ本を読むかどうかは疑わしい。

そう、いざ読もうとすると結構めんどくさいんです。たとえば以下の通り。

  • iPadに転送するのがめんどくさいかも。iTunes経由で放り込まないといけないし。
  • DropBox経由もいいけど、数MB〜数十MBのファイルをダウンロードするのも時間がかかるよ。
  • どっちの場合でも、iPadの容量を喰っちゃうよ。全部入れておくのも無駄だけど、入れてないものを読みたくなるときもあるよね。

いろいろ試行錯誤してみたんですが結構この辺がおっくうになりそうで、今は頑張れても将来に漠然とした不安を抱えてしまいます。
そこで試してみたのがGoogleドキュメントGoogleドキュメントには何とPDFを1ページづつ変換して表示してくれる機能があるんです。

GoogleドキュメントでPDFを開くとこんな風に表示されます(iCab mobileiCab Mobile (Web Browser) - Alexander Claussで全画面表示にしています)。よく見るとディザリングによる減色処理がされていますが、文字は十分綺麗ですし、ダウンロード完了を待たずに読み始められます。ダウンロードしていないのでiPad本体には保存されず、容量を喰う事はありません。
まぁ、ネットワークに常に繋がってる必要はありますけどね。

Googleドキュメントにアップロードしたファイルはこんな感じで一覧表示されます(iCab mobileiCab Mobile (Web Browser) - Alexander Claussで全画面表示にしています)。サムネイル表示もできれば便利なんですが、そこは我慢してファイル名で判断出来るようにします。

Googleドキュメントの無料ストレージ容量は1GBなので、どんどん雑誌を蓄積するには心もとないのが不満点。とはいえ、年間5ドルで20GBにアップグレードできるので、本格的に必要そうだったらそれを検討してもいいかも。


こんな感じで、ワタシはiPadをすごく活用していますよ!
iPad 2じゃなくても、旧機種でもまだまだいけますよ!本当ですよ!