読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my bright tomorrow.

明日に向かってゴーゴゴー。

EPUB系メルマガをPCレスでkoboに転送し、そして読む方法!

世間の評判をヨソに、快適にkobo Touchを使っているワタシです。
誤解も多いようですが、イーブックストアで買った書籍や、epubファイルを読んでいる分にはほぼ不満がないですよ。
一方、自炊したPDFやマンガを読もうとしている人にとっては使い難いみたいですね。


さて、以前下記のようなエントリを書きました。

有料EPUBメルマガは楽天koboと相性が良いと思うのですが、どうでしょう?


そう、メールで届いたEPUBkoboに転送するのにわざわざPC/Macに接続しなければならないのは、折角Wi-Fi搭載したkobo Touchとしては不便である!というココロの叫びだったのですが、下記の手順を踏むことでPCレスでkoboEPUBメルマガを転送することが出来たので、書き記すことにしました。

詳しくは以下の通り。


まず、まぁ、なんと言いますか、iPhoneは必要です。
PCレスですけど、iPhoneはバリバリ使いますのでご了承下さい。


で、iPhoneのMailに届いたEPUBマガジン、ここではMAGonの「西田宗千佳のRandom Analysis」を開いてみます。


メール本文の文末にこのようにEPUBファイルが添付されています。
これをタップすると、何で開くかの選択ダイアログが出てきます。


ここでは、Dropboxを選択します。
すると、Dropboxアプリに遷移しまして・・・


このように、ファイルアップロード用の画面になります。
ここでファイル名がいじれてしまいますので、kobo EPUB形式にする為に拡張子を「.epub」から「.kepub.epub」に変更しておきます。

そして指定のDropbox上のフォルダに入れておく訳ですね。


次にkobo側からのアプローチです。
koboの[設定]ー[その他]からウェブブラウザを起動し、dropbox.comに接続します。
ログイン後、初期表示がスマートフォン用画面なので、右下の「Dropbox バージョン」と書いてあるところをタップして、PC用の画面に切り替えます。


PC用表示に切り替えたら、ダウンロードしたいファイルを選択し、上のメニューの「ダウンロード」をタップします。


するとこのようにダウンロードをする旨の表示がされて、OKを押せば晴れてkobo内蔵メモリにダウンロードされるわけです→完了!


この技を使うことで、出先でもkoboに転送して読むことが出来そうです。ちょっと面倒ではありますが・・・いっその事kobo側にDropboxクライアントソフトを積んでくれればいいんですけどね。