my bright tomorrow.

明日に向かってゴーゴゴー。

Find Xは手の中のモノリスである/楽天モバイル「Find X」モニター

まるで、コンセプトモデルのよう。

OPPO Find Xのデザインは、例えるなら「スマホ」が取りうるデザイン・バリエーションの中で「最も優雅で、それでいてシンプル」に位置するものを、そのまま実働モデルにまで落とし込んだような・・・手にした実物からはそんな佇まいを確かに感じます。

f:id:kws162:20181110202312j:plain

先日の楽天モバイル「Find X」体験イベントに参加したおかげで、そのままFind Xをモニター体験しているのですが、メインで使っているGalaxy S8と比べて外観的共通点は多いものの、比べてみてすぐに気づく通り、Find Xはその表面に本来あるはずのものが「何も無い」のです。

f:id:kws162:20181124104218j:plain

表も裏も。一面にひろがる漆黒と、深いワインレッド。あとはロゴ。

f:id:kws162:20181117100112j:plain

スマホメーカーでは一つのスマホを開発するにあたりどんなデザインにするか、いくつものデザインモックを作成して検討していると読んだことがありますが、手元のFind Xはその「何も無いように見える」様から、まるで機能を盛り込む前のモックそのままなのではないかという気すらしてきます。


もちろん、ひとたび電源を入れれば、Find Xがまさしく「先進の機能を実装した完成品のハイエンドスマホ」であることを実感します。

f:id:kws162:20181124104608j:plain

電源ボタンを押したその人物がオーナーか否か、認証するためにせりあがる「ステルス3Dカメラ」はそのせりあがりと同時に顔の特徴点を15,000か所スキャンし即座に判断します。
その正確な認識力のおかげか、物理的可動部があるにもかかわらず電源ボタンを押してから認証されホームが表示されるまでの速度にストレスを感じることはありませんでした。

むしろ、モノリス然とした本体からおもむろにセンサー部が現れ、外界からの接触者を見極めるその様はまさにロボット、これぞAndroid
こういうギミックはかつてガラケー全盛期の日本のメーカーが得意としていたと記憶していますが、やがてスマホの時代になりデザインは画一化され、差別化は難しいと言われて久しい昨今、Find Xの登場はまだやれるべきことがあることを感じさせます。

f:id:kws162:20181117100414j:plain

Find Xの大きな特長の一つはこの「ステルス3Dカメラ」なのですが、それと対をなすもう一つの特長が「パノラマアークスクリーン」、かつてない占有率を誇る真の全画面です。
Galaxy S8を見た時もその画面の広がりに新時代を感じましたが、Find Xのそれはまさに別格。画面以外の全てが意識の外になり、コンテンツそのものを手に握っているという感覚は、ノッチ付きを含むこれまでのスマホでは味わえないものだと思います。

f:id:kws162:20181117095746j:plain

この全画面を実現するためにカメラやセンサー群をスライドの中に逃がすという決断が、冒頭に書いたような「優雅でシンプルな」Find Xのデザインに結実したというのは、ある種の必然であるとともに、不思議でもあります。

『なぜ、もっと早く、他のメーカーから、Find Xのようなスマホが出てこなかったのか?』


その問いへの答えはさておき、コンセプトと完成度の高さに所有欲を掻き立てられるFind Xへの、ささやかな不満も上げたいと思います。

それは「この完成されたデザインに何かを足すことを良しとせず、ケースに入れずに使いたい」一方で「この優美でシンプルなデザインを傷つけたくなく、ケースに入れて保護したい」という背反する思いに答えを出せない、という点。

f:id:kws162:20181124172000j:plain

Find Xには標準で透明背面ケースが付属しているのですが、可動部である上部スライドカメラ部はむき出しになっており、それ以外のところもシンプルな元々のシルエットを損なってしまうのと、本体背面の深く澄んだワインレッドを曇らせてしまうという点に目をつぶらなければなりません。

そんなのはイヤだ!何のためのFind Xか!とケース無しでの運用も試してみたものの、Galaxy S8に慣れた手には少しばかり大きく重く、そして滑らかなガラスで包まれたFind Xの全画面スクリーンを片手で操作するにはいつも不安が付き纏い、万が一の時を思えばやはりケースに入れるべきでは・・・と堂々巡り。
本来は少々の傷を気にせず、Find Xのスタイルを楽しみながら使うのが正解なんでしょうね。


f:id:kws162:20181110201702j:plain

『なぜ、もっと早く、他のメーカーから、Find Xのようなスマホが出てこなかったのか?』

先のこの質問への答えは、恐らく「構想はしていても、実現する技術面とコスト面で、製品になりえなかった」からなのではないかと思います。
この誰もが夢見るデザイン・コンセプトを具現化し、参入して日も浅い日本市場にも投入するというOPPOの決断と技術力、そして世界4位/アジアで1位の販売力があってこそ、Find Xが生まれたと言えるでしょう。

価格も含め決して万人受けのモデルではないと思いますが、この唯一無二のコンセプトに共感する人ならば満足度の高さを感じられるのではないかと思いますよ。

mobile.rakuten.co.jp

www.oppo.com

ハイグレードSIMフリースマホ『Find X』のイベントで、楽天モバイルの戦略を想像してみた。

f:id:kws162:20181111224843j:plain

11/9、楽天モバイルの招待企画参加のため、楽天の本社である「楽天クリムゾンハウス」に行ってきましたよ。

『「Find X」をいち早く体験!楽天モバイル新端末発売イベント』と銘打たれたこのイベント、楽天モバイルの力の入れっぷりが伝わるイベントでありました。

  • 約10万円の高価格帯SIMフリースマホであるOPPO Find Xの単独イベント
  • それをFind Xの国内発売日(11/9)当日に開催
  • 更に当日参加した30名に即日貸し出し

f:id:kws162:20181111224204j:plain

アジアで絶大なる支持を得ており世界市場でも存在感を高めているとはいえ、国内ではまだ認知度が低いOPPOの、しかも販売価格が約10万円というSIMフリー市場では中々チャレンジャブルな、もっと直球で言えば「出荷数があまり多いとは想定しづらい」モデルに対しては破格の対応なんじゃないですかね。

f:id:kws162:20181111224934j:plain

とは言え、このFind Xにはそれだけの魅力がある機種であることも事実。

  • ホームボタンもフロントカメラも、そして「ノッチ」も廃した真の全画面『パノラマアークスクリーン』
  • フロントカメラ/リアデュアルカメラ、そして3D顔認識システムが必要なときに自動で出てくる『電動スライド式ステルス3Dカメラ』
  • その結果得られた、無駄がなく完成度が高い全体デザインに「色」を添える『3D多面カラープロセスによるグラデーションカラー』

f:id:kws162:20181111224543j:plain

海外で発表されて以降、アンテナの高い層に注目されていただけのことはある「魅力に溢れたモデル」な訳で、楽天モバイルが「高くても魅力のあるモデルの国内展開」を重要な戦略の1つとして取り組んでいることが伺い知れます。

思い出してみれば、国内でファーウェイにいち早く力を入れてきたのも楽天モバイルでした。単なる格安MVNOで甘んじず、しかし大手キャリアとは違う「色」を出していかなければならない中で、「次に来る波」を見出すというか、むしろ積極的に波を高めていくような勢いがありますね。

f:id:kws162:20181111224451j:plain

ワタシ自身も夫婦で楽天モバイル使ってますし、はっきり言ってスーパーホーダイは現時点で最強にコスパ高いプランだと思います。
その一方で、コスト面に厳しいユーザーだけでは無く、Find Xを購入するようなユーザー層も取り込みたいということなんでしょう。

さて、幸運にもFind Xをお借りし自由に使ってみる機会を得ましたので、次回は使用感を含めたFind Xの感想を書きたいと思っています。


mobile.rakuten.co.jp

www.oppo.com

Twitterを辞めてみて、思うことなど。

思うところあって、11年続けてきたTwitterを昨日辞めた。

 

その理由はさておき、辞めてまだわずかに1日しか経っていないものの、何というか、「手」が寂しい。

あの、ヘビースモーカーが禁煙したときに「口が寂しい」とか言って飴でも舐めてる、あんな状態。まぁ、ヘビーツイッタラーだったもんで。

 

代わりにGoogleニュースを見るようにしてるんですが、やっぱり、なんか物足りない。

ワタシがTwitterに何を求めていたのか?と考えたときに、最新の情報をゲットすることだと軽く分析してたんですが、実はそうではなかった、それだけではなかった・・・という事に気づきました。

 

「シェアしたい」んです。

 

おっ、というトピックを見聞きしたときに、共有する先がTwitter

品川駅の構内で「チコちゃんに叱られる」イベントをやってた事を知ったときに、それをシェアしたい。

Clova friends用赤外線アダプタの仕様を見てたときに、実は学習リモコン機能を持ってることに気付いたときに、シェアしたい。

そういうトピックのシェアする先がTwitterだったみたいです、ワタシの場合。

 

f:id:kws162:20180817225351j:image

 

そういう、「王様の耳はロバの耳ー!」と叫ぶための先として、今後はまたブログでもやろうかと思ってみたりなんかしちゃったりして。

ヒデキ還暦!から3年余り。

西城秀樹さんが亡くなられた、という報に衝撃をうけました。



定期的に西城秀樹さんの還暦到来にそわそわしていたのは、その日が待ち遠しかったから。

その昔、ヒデキ・ティッカーというものがありましてね。
あの家入一馬さんがつくられたFlashバナーみたいなものなんですが。


そして、2015年4月12日。

無事、還暦をお迎えするタイミングを共有することができました。


でも、でもですね。63歳は早いですよ・・・
ご冥福をお祈りいたします。

音楽を楽しむためにスマートスピーカー使ってもいいじゃない。

気軽さと音質のバランスで、こっちが向いてる人もいると思うんですよ。


ゴールデンウイーク直前にClovaに機能追加がありまして、ストリーミング再生されるLINE MUSICの音質が変更できるようになったんですね。
低音質/中音質/高音質の3段階なんですが、なんとこれまでは中音質設定だったとのこと。


でもですよ、バッテリー内蔵とはいえ、Wi-Fi接続で利用するClovaシリーズは基本的に家の中で使うものじゃないですか。
ということは、モバイルと違ってそこまでデータ通信量は気にしなくてもよい(人も多かろう)ですし、やっぱり音楽を聴くためのデバイスですから、高音質にしたいじゃないですか!



で、変えたらこれですよ。
ワタシの耳があてにならないというのはそうかもしれませんが、確かにワタシにとっては「良い音に聴こえた」んですよね。


そもそも、ワタシが使っている「Clova WAVE」って、結構いい音が出てるんです。
どこぞの記事では「トイスピーカー」とか書かれてましたが、少なくともワタシはそうは感じない。
聴いてて心地いいですよ。いや、ほんとに。




こういう、ざっくりなオーダーでそれっぽい曲を再生してくれるのがすごくいい。
なにが流れるか、新たな出会いもあって楽しいですよ。

いやいや、ヘンにスマートに気取らなくても、こういうスマートスピーカーの使い方もアリなんですから。

新型ポメラにときめくのは結構だが、必要なのかい?

『使ってナンボなんだよ、活かしてナンボなんだよ。』

久々にポメラ by キングジムの新製品が発表になったそうで。

過去2回、初代の DM10と2代目のDM20を持っていたんですが、当時のポメラは表面のコーティングがラバー調だったんですけども、それがある日ベタベタになってしまうという、いわゆる加水分解を起こしていたんですね。2機種とも。
DM20の方はスライドキーボードの裏側にあるフレキシブルケーブルが折れ曲がって挟まって?接触不良にもなってしまって。

しかし、それ以上にワタシの心に去来し、そして地味にエグッてくるのが、「結局あんまり使わなかったよねー」という自己嫌悪。
四の五の言わずに自己分析をゲロってしまいますと、ワタシの利用シーンには向かなかったというか。

その事実がかなしい。
新機種の報を見て、また欲しくなっている、懲りない我が身がかなしい。

www.kingjim.co.jp


まぁ、手持ちのガラクタを組み合わせて悦に浸ってる訳ですが。
使う日の事を夢見て、その日に備えて獲物の手入れをする、さながらワタシはハンター。


というか、買うのはいいけど、すっかりコンテンツ消費者に成り下がってしまい、コンテンツ発信者に成れていないのがかなしい。


買っただけで満足、ダメ絶対。

LINE ClovaのCMで流れた「近い未来の生活」を検証してみる。

f:id:kws162:20170831234410p:plain

2017年8月31日、サッカー・ロシアW杯アジア最終予選B組 日本対オーストラリア戦の中継の際に放映された、LINE Clova初のテレビCMがコレなんですけども。


【公式】Clova: TVCM ~ もうすぐ来る未来篇(60秒)

サッカーの試合の様子が気になっているパパがClovaに試合の様子を聞いたところ、本当の試合の点差(前半1-0)をCMの中でClovaが答えていてビックリ!というのがTwitter界隈で話題になっていましたが、先行体験版を入手して使っているワタシとしては、それよりも「近い未来にClovaが実現してくれる機能はどういうもんなの?」の方が興味津々でして。

ということで、60秒のCMの中で表現されていたClovaの今後実装するであろう機能がどういうものだったのかをまとめてみました。

続きを読む