読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my bright tomorrow.

明日に向かってゴーゴゴー。

新「プライベート・ビエラ」のお試し用キットが届いたよ!

こういうデジタル家電が大好物なのです。

f:id:kws162:20150613230325j:plain


パナソニック株式会社さんから、6/12に販売開始になったばかりの新「プライベート・ビエラ」をお借りしました!
型番的にはUN-10T5-W、10インチの液晶モニタと500GB HDD搭載チューナーユニットのセットになってます。panasonic.jp


まずは、早速設置してみますね!


箱から出してみましょう。
f:id:kws162:20150613203246j:plain


液晶モニタ部。最初ハンドル兼スタンド部が見えてギョッとしました。
想像してたテイストと違ったもんで・・・
そして、さほど重くないです。
f:id:kws162:20150613203334j:plain


下の段にもいろいろ詰まっています。
f:id:kws162:20150613203406j:plain


これがチューナーユニット。なりは小さいですが、500GB HDDを内蔵しています。2.5インチなのかな?
f:id:kws162:20150613203432j:plain


とりあえず、このモニタとチューナーユニットのセットな訳ですね。
f:id:kws162:20150613203708j:plain


最低限必要な物理的配線は、アンテナ線と電源ですね。アンテナ線については今回ワタシはトルネの出力部から伸ばしてきました。
あと、本来であればテレビとHDMI接続したり、有線LANでルーターに繋いだりするとよいでしょう。
f:id:kws162:20150613204906j:plain
あ、忘れてならないのがB-CASカード。ミニタイプになっています。


そして、液晶モニタ部にもコンセントを挿さないといけないです。当然ですが。
この端子、MacBookのMagSafeよろしく、磁力でくっつくタイプの端子になっています。このモニタ部は防水でお風呂に持ち込んだりできるので、こういう端子が採用されてるんでしょうね。
f:id:kws162:20150613203806j:plain


それでは電源オン!
まずはモニタ部とチューナー部を無線で接続するところから始まります。
チューナー部のリンクボタンを長押しして、接続開始です。これってWi-Fiアドホック接続なのかな?
f:id:kws162:20150613205217j:plain


あとは郵便番号や市外局番を入れる等してエリア設定を行い、自動で行われるチャンネル設定で無事読み込み完了!
これでテレビとして使うことが出来ますよ!
f:id:kws162:20150613205550j:plain


f:id:kws162:20150613230325j:plain
大きさ的なイメージがわかるでしょうか?見た目はオシャレなフォトフレームって感じですが、パソコンモニタとキーボードの間に設置するとちょうどいい感じ。


f:id:kws162:20150613230714j:plain
フットプリントはこんな感じ。このハンドル兼スタンド部は3段階にカチッと止まるので、液晶タブレットよろしく寝かせた使い方も可能です。


f:id:kws162:20150613205804j:plain
タブレットと言えば、ホームメニューはこんな感じなのですが、操作はタッチパネルなのでサクサク進みます。感度は少なくとも室内で使う分には問題無し。お風呂で水がかかった時はどうなんだろう・・・?